WordPressの基本設定

2018.03.26 2018.05.22基本的な設定
WordPressの基本設定

WordPressテーマ『HIGHLAND』を使用するにあたって、まずはWordPressの基本設定から確認していきましょう。

一般

WordPressダッシュボードの「設定」→「一般」に進みます。

サイトのタイトル
ここにはブログのタイトルを入力してください。
キャッチフレーズ
ブログの概要を簡潔に入力してください。

なお、「サイトのタイトル」はブログのヘッダーエリアにあるタイトル部分、「キャッチフレーズ」はブログ最上部のバーに表示されます。

ロゴ画像が設定されている場合は、「サイトのタイトル」に入力した内容がロゴ画像のalt属性に反映されます。

ブログ最上部のバーにはh1タグが設定されていますので、キャッチフレーズにキーワードを入れるとSEOにも効果的です。

投稿設定

WordPressダッシュボードの「設定」→「投稿設定」に進みます。

更新情報サービス
ここにPING送信先を入力します。PING送信先を設定しておくことで検索エンジンへのインデックスを早めることができると言われています。

なお、現在ではPINGを送信しても効果はないという人もいます。

しかし大して手間も掛かりませんし、一度設定しておけばそう頻繁にメンテナンスする必要があるものでもないので設定しておくことをおすすめします。

また、PING送信先はサービスが終了したりする関係で送信してもエラーになったりする場合があります。

以下のページで定期的にメンテナンスしてエラーの出ないものをリストにしてくれていますので、そちらをそのまま貼り付けておけばいいでしょう。

表示設定

WordPressダッシュボードの「設定」→「表示設定」に進みます。

検索エンジンでの表示
検索エンジンで表示させたくない場合にチェックを入れます。通常はチェックを入れないでください。

ここにチェックが入っていると、いつまでたっても検索エンジンにインデックスされません。仲間内で楽しむプライベートなブログとかであればいいですが、そうでない場合は必ずチェックを外しておいてください。

パーマリンク設定

WordPressダッシュボードの「設定」→「パーマリンク設定」に進みます。

共通設定
「投稿名」を選択してください。「投稿名」を選択すると、下にある「カスタム構造」の入力欄に「/%postname%/」と表示されます。

共通設定で「投稿名」を選択すると、ブログ記事のURLはドメインのすぐ後にページスラッグがつく形になります。

https://wp-highland.site/slug/

「カスタム構造」を選択してURLにカテゴリーのスラッグを含ませることもできますが、将来的にブログ記事のカテゴリーを変更する可能性がある場合は「投稿名」を選択しておくことをおすすめします。

URLにカテゴリースラッグを含ませておくと、記事のカテゴリーを変更したときにURLも変更になってしまいます。

そうなると過去に得た被リンクがすべてリセットされてしまうため、SEO的に非常にまずいです。

特別な理由がない限りは、「投稿名」を選択しておきましょう。

HIGHLANDをダウンロード

柴田竹思

柴田竹思

WordPress案件を得意とするWebクリエイター。ベトナム在住。大手企業や教育機関などの大規模制作案件、フリーランス・個人事業主のスタートアップから売上を伸ばしていくお手伝いなど、わりと幅広くWeb関連の仕事をしています。